手打ちパリパリ一口餃子

 

手打ちで薄生地のパリパリ一口餃子登場です。薄いので焼くとカリカリですが、手打ちな分、薄くても、もちもち感もあります。にんにくやニラは一切使っていませんので、臭くありません。豚肉と帆立が半々に入っていて、小さいながら贅沢な味わい。どんなビールで合いそうです。

生地は小さい6gを延ばして、うすーい丸い皮にしてます。点心の生地の多くは水で練りますが、炒り焼き餃子の生地はみな熱湯で作ります。そうすると、焼いたときにもちもちでカリっとするのです。(料理教室に参加している方はよく実感していると思います)

どんなに薄くても、手打ちの生地は水なしで包むことができます。ベタベタしないし作業もスムーズ。小さいのをたくさん作るのはなかなか骨がおれますね(汗)。いい練習になるので料理教室でも扱ってみたいメニューです。